飾り クラブ情報 飾り

飾り クラブ紹介 飾り

ラグビー誕生秘話

終戦直後、経済も人心も荒れ果て、文字通りの焼け野原の状態で、食糧も物資も不足している中で、 「ラグビー仲間でOBとなった者たち、学校や実業団の第一線から引いた者たちの、ラグビーに対する 「思いが一層高まり、1947年(昭和22年)関東で、40才以上のラグビークラブ「不惑クラブ」 が誕生した。これを契機にラグビー競技への鼓動がいち早く再開をきたした。 これを聞きつけた関西においても、なんで大阪が黙って見ておられようかと、翌1948年(昭和 [23年)に大阪の40才以上のラグビークラブ、「惑惑クラブ」が誕生し、今日まで営々と活動を続 「けている。その後、1949年(昭和24年)には、九州の地福岡においても、40才以上のラグビークラブ、「迷惑クラブ」が誕生した。 そして、1952年(昭和27年)以来、この関東、九州、関西の三つの惑チームが毎年集まり「三盛大会」としてゲームを競っている。 さらに惑惑クラブは、1970年(昭和45年)に、いち早く台湾に遠征し海外での交流試合を行い、 1972年(昭和47年)にはカナダ遠征を行い交流試合を行った。その後も海外の仲間との交流試合 を続け、友好を深めていった。これが、日本のオーパーフォーティ・ラグビーにおける国際交流の足がかりとなった。 いまでは世界の各地でオーパーフォーティ・ラグビークラプが誕生しており、ゴールデンオールディーズという世界大会まで開催されるまでに発展をしていった 。

惑(over40)ラグビーの輪


40歳代


50歳代


60歳代


70歳代


80歳代


90歳以上

クラブ スタイル


エムブレム1


エムブレム2


マスコット


ネクタイ

クラブ ジャージ


1stジャージ


2ndジャージ

惑惑ラグビークラブ員構成 (2019年7月31日現在)

パンツ 対象誕生年代 人数
ゴールド  1930年以前
1931年~1940年 20
1941年~1950年 45
1951年~1960年 63
1961年~1970年 123
1971年~1980年  77
合計  332
(内数) 特別会員 10
遠隔会員
(内海外会員)
58
(2)
休会会員 49